笑顔になれる魔法|ほくろはレーザーで取る時代

女の人

取りたいと考えている人へ

鏡を見る女性

気になるほくろはありますか。大きくなっていたり広がっているものは注意が必要です。自分で判断がつかない場合は、まず皮膚科で悪性か良性かの判断をしてもらいましょう。ただのほくろの場合は、仕上がりのきれいな美容整形がオススメです。ただし美容目的の治療は保険が適用されないので予め確認しておきましょう。

読んでみよう

素敵な笑顔になるために

医師

コンプレックスをなくそう

ほくろがコンプレックスという人が少なからずいます。その大きさや濃さ、場所など悩みはそれぞれです。最悪の場合、いじめの対象になるなんてこともあり得ます。また人相学ではほくろを取ることで、運気が変わるとされています。そんなほくろ、簡単に取れることをご存知ですか。ここではほくろ除去についてご紹介いたします。ほくろを除去してくれる美容整形外科を選ぶ時、重要なのは金額です。約3000円〜80000円と大きく差があります。これはほくろの大きさに応じて値段が変わる場合もあれば、どんなほくろでも一律料金に設定している美容整形外科もあるからです。インターネット等でよく調べ、希望に合った美容整形外科を見つけると良いでしょう。口コミサイトを覗くのも良いですね。ほくろの除去方法はいくつかあります。まずほくろそのものを切り抜く切除方法。メリットとしては再発の可能性が低いこと。デメリットとして傷痕が残る可能性がある、大きなほくろの場合は縫合の必要があることです。次にレーザー切除方法。メリットは跡が残りにくいことですが、デメリットとしてほくろの深さによっては何回かレーザー照射に通わなければなりません。次に電気メスを使った切除方法。こちらも跡が残りにくいものですが、場合によっては何回か通わなければ除去できないことがあります。主に美容整形外科で行われている施術はこの三点で、他にも液体窒素でほくろを焼き取る凍結方法があります。美容整形外科によって行われている切除方法が違うので、メリット・デメリットを踏まえた上で病院選びをすると良いでしょう。

後悔のない選択を

除去を行う前に、医師との簡単なカウンセリングがあります。取りたい場所や値段、方法を確認します。ほとんどの場合、麻酔をしてからの治療になるため痛みや熱さは感じません。少し焦げくさい匂いがする程度です。一番人気のあるレーザー切除の場合、5〜10分と短い時間で終了します。美容整形外科での治療自体は短いですが、アフターケアが大変重要になってきます。切除直後の患部はとても敏感で、無防備に日に当たるとメラニン色素を吸収してしまい再発に至る可能性があります。そのためアフターケアとして患部に軟膏を塗り、その上から絆創膏や小さく切ったガーゼなどで蓋をする方法があります。これを数日間続け、患部がかさぶたになれば絆創膏を取って生活ができます。しかし毎日洗顔後に軟膏と絆創膏を貼ること、また場所によっては絆創膏を貼るのが恥ずかしい時もあります。その時には医療用ファンデーションを使用する方法があります。医療用ファンデーションは施術後すぐに患部に塗ることができ、さらにその上から通常のメイクをすることも可能です。顔の施術をした場合には最適ですね。患部という敏感な部分に使えるように作られているため、敏感肌の方が普段使いできるようなファンデーションです。このようにほくろ除去は病院選びやアフターケアなど、医師に任せきりでなく自分で判断したり日常生活で気を付けたりすることがあります。思ったより跡が残ったり、ケアを怠って再発してしまうと後悔してしまいますよね。よく下調べをして計画性を持って治療に臨みましょう。また必ずしもほくろがコンプレックスになるとは限りません。目元や口元にあるものセクシーとされている風潮もあります。しかしほくろ一つで気分が落ち込んでしまうくらいなら勇気を出して切除するのも良いでしょう。後悔のない選択をしましょう。

気になっているなら

顔を触る人

ほくろは場合によっては悪性のこともあります。そこで、美容整形外科の現場ではメスによる治療、炭酸ガスのレーザーを使った治療などが行われています。術内容によっては保険対象になるので価格も安心です。病理検査も行いましょう。

読んでみよう

気になるあれを取り除こう

先生

ほくろの除去には、レーザーを使用する方法、メスを使用する方法、器具でくりぬく方法があります。大きさや盛り上がりによって、適切な方法が選択されます。ほくろの除去を整形だと考える人もいますが、コンプレックスから解放され、精神的ストレスが無くなるのであれば、それは治療であると言えるのではないでしょうか。

読んでみよう